静かできれいなクラシック音楽メモ



静かできれいなクラシック音楽のメモ
思いついたら足していきます。
(あくまで主観です)


一覧(おおまかな時代順)

ダウランド/涙の流れるままに
ダウランド/行け、水晶の涙よ
パレストリーナ/泉の水を求める鹿のように

パッヘルベル/カノン
J.Sバッハ/ゴルトベルク変奏曲よりアリア
J.Sバッハ/G線上のアリア
J.Sバッハ/リュート組曲第2番よりサラバンド
ヴァイス/シャコンヌ
ヘンデル/私を泣かせてください
ヘンデル/サラバンド

モーツァルト/アヴェ・ベルム・コルプス
ショパン/ノクターン No.13

サティ/ジムノペディ1番
ラヴェル/亡き王女のためのパヴァーヌ
フォーレ/ラシーヌ雅歌
フォーレ/パヴァーヌ

ラフマニノフ/ボカリーズ
バーバー/弦楽のためのアダージョ
ピアソラ/アヴェ・マリア
V.ロボス/ブラジル風バッハ第5番よりアリア
アルヴォ・ペルト/鏡の中の鏡
アルヴォ・ペルト/アリーナ


―――――――――――――――
<BLOG MAP>


五十嵐 紅/ギタリスト
◼︎YOUTUBE


好きなものリスト
◼︎
◼︎音楽
◼︎映画

雑感

SNS
◼︎Twitter
◼︎Facebook
◼︎Instagram

お問い合わせ
◼︎gt.50arashi@gmail.com





このブログの人気の投稿

トランペットとクラシックギターという"変な編成"をやる意義

映画音楽について《映画の音楽》コンサート後記

《終演/あとがき》国分寺さわやかプラザ フルートとギター