JOINT終演


先日7月30日にはかねてより宣伝していたJOINTの演奏会でした。
(詳細:http://50gt.blogspot.jp/2016/04/joint.html)

たくさんのご来場ありがとうございました。

ギターの幅をもっと広げたいと思い、このたびはオーボエチェロという編成で演奏を行いました。オーボエの旋律をチェロとギターで支える、シンプルながら内容の濃い音楽を表現出来る編成かなと思っています。


今回一番好きだった曲はマルチェロ「オーボエ協奏曲」。2楽章が本当に綺麗で、バッハも鍵盤用に編曲しています。(原曲はオーボエと古楽合奏) この演奏会ではオーボエの副田くんのこだわりでオーボエ旋律はこのバッハ編を参考に演奏していました。伴奏のギターはチェンバロ風の古楽ギターを意識して演奏しました。


お客様からはバッハ、マルチェロの評判が良くバロックに適した編成であることを再認識しました。またこの編成でやりたいねと話をしています。これからも精進いたしますのでどうぞよろしくお願い致します。

こちらが打ち上げの様子。新大久保ということでサムギョプサルを食べました。出演者の副田真之介くん、細井唯くん、スタッフの皆さまどうもありがとうございました。




さて8月は猛暑が続くようです。熱中症に気をつけましょう。

五十嵐紅

[リンク]

このブログの人気の投稿

トランペットとクラシックギターという"変な編成"をやる意義

映画音楽について《映画の音楽》コンサート後記

《終演/あとがき》国分寺さわやかプラザ フルートとギター