桃の節句とシン・ゴジラ



お雛祭り、そして桃の節句です。女性のみなさんおめでとうございます。
庭の梅の木には花が満開に咲いていました。

昨日はひな祭りコンサートだったので、春の曲をたくさん弾きました。

それにしても「今日は楽しいひな祭りー」の曲、全然楽しそうじゃないし、むしろ怖い感じがするのは日本独特な気がします。

ギターソロにしたらさらに暗くなってたな。ルネサンス音楽風にアレンジしたら面白いかもな、と思いました。



そしてシン・ゴジラが日本アカデミー賞受賞しました。

「ゴジラーゴジラー」を作曲した伊福部昭は独学だったから、当時のクラシック界から批判されることもあったみたいだけど、こうやって後世まで愛される作品を残したって本当にすごい。おめでとうございます。ちなみに母校東京音大の元学長さんです。

伊福部さんはギター曲も作ってるけど、なんだかところどころゴジラに聞こえてピンとこないから弾いてないんだよな・・・。

「日本狂詩曲」はかっこよくて好きです。
これいつか編曲して弾きたい。ギターバイオリンチェロとかでできないかな。





[演奏会の告知]


来週の3月8日()19:00

「水曜日のクラシックin原宿 Vol.5 TRIO FOG

オーボエとフルートとギターで演奏会を行います。

出演:岩崎花保(フルート)、篠原拓也(オーボエ)、五十嵐紅(ギター)

まだ残席ございます。お仕事帰りなどにぜひお立ち寄りください。

[お問い合わせ]

tel070-6442-4980/mailinfo@koh-guitar.com

[ご予約・詳細はこちら

www.koh-guitar.com/wed5


このブログの人気の投稿

トランペットとクラシックギターという"変な編成"をやる意義

映画音楽について《映画の音楽》コンサート後記

《終演/あとがき》国分寺さわやかプラザ フルートとギター