【映画】オデッセイを見た



夏といえば夏休み。宿題はいつも後回し、ギリギリになって焦るタイプでした。学生の頃は何してたっけな。高3の夏はホラー映画を見続けた気がする。


昨日は久しぶりに映画を見ました。「オデッセイ」。

あらすじ:事故でたったひとり火星に取り残された植物学者の宇宙飛行士が諦めずに生き延びて、地球に帰ろう!という映画。







主演はマット・デイモン。はじめて見たのはたしか「グッド・ウィル・ハンティング」。泣ける映画だったな。今は亡きロビン・ウィリアムズ(好きだった)も出演してました。あれはまだ無名のマット・デイモンが脚本を書いてるって話をあとで知って驚いた。監督はリドリー・スコット。SFスリラーの名作「エイリアン」とか「ブレードランナー」の監督さん。結構好きみたい。



音楽はハリー・グレッグソン=ウィリアムズ。「ナルニア国物語」シリーズの作曲家。いかにもハリウッド映画!て感じの音楽だった気がする。特に印象に残った曲はなかったけど・・・。音の使い方がハンス・ジマーっぽいなとおもってたら、もともと彼の事務所にいたみたい。ちなみに日本ゲーム「メタルギア・ソリッド」の音楽も担当してるそうだけど、僕はゲームをやらないので聴いたことない。



と、少し長くなりましたが、面白かったのでオススメです。たまには映画っていいな。もともと映画は大好きだけど、大学を卒業してからめっきり見る機会が減りました。2時間もじっと画面を見るって・・・。映画ってなんて贅沢なんだろう!映画好きの友達曰く「ハズレても楽しい」けど、僕はアタリ映画ばっかり見たい。でもこんなことを言いつつ、本当につまんなかった映画って今まで見たことあったけかな?



▶︎五十嵐紅-クラシックギター
東京音楽大学クラシックギター科卒業。第27回スペイン音楽ギターコンクール第2位、第29回ジュニアギターコンクール高校生の部1位、クラシカルギターコンクール、GLCギターコンクールなど様々なコンクールで入賞。東京音楽大学定期演奏会ソロ部門に出演。2013年日本ギター連盟主催「新進ギタリストの競演」など多くのコンサートに出演。クラシックギターを伊東福雄、江間常夫、荘村清志各氏に師事。スペイン歌曲伴奏法を服部洋一氏に師事。原宿での定期演奏会「水曜日のクラシック」主宰。50gt(five-o-gt)代表。HP:www.koh-guitar.com



▶︎演奏会情報
水曜日のクラシックin原宿
オーボエとギター
8/9(水) 19:00-20:00(18:30open)



▶︎お問い合わせ
070-6432-4980

出張演奏のご依頼もお待ちしております。

このブログの人気の投稿

トランペットとクラシックギターという"変な編成"をやる意義

映画音楽について《映画の音楽》コンサート後記

《終演/あとがき》国分寺さわやかプラザ フルートとギター