【終演しました】水曜日のクラシックVol.9 クラシックギターの名曲

ricoh gr

(Ricoh Gr)


水曜日のクラシックvol.9無事終演いたしました。



今回はソロの演奏会。曲目はスペイン音楽を中心に演奏しました。そして目玉は若手作曲家の楽曲でした。

まず久保田茉由子さんの「夕顔」。綺麗なメロディーながら、おしゃれな和音を用いて、ギターと言うよりハープのような響きの楽曲でした。現時点ではギターで弾けない箇所もあり、これから久保田さんと校正を重ねて、もっとたくさん演奏できる曲に仕上げていきたいと思います。


久保田さん「朝顔、昼顔、夕顔ってシリーズにしますか()

五十嵐「例のドラマみたいだね」



直江香世子さん「傷跡」
数年前にオーケストラと一緒に演奏したギター版でした。綺麗な曲で、ずっと縁があるのでこれからも大事に演奏したい一曲です。ちなみに直江さんはギター版の楽譜も販売されています。編曲家としても素晴らしい方です。
いつかもう少し大きい編成で演奏したいなあ。

傷跡、オーケストラ版



<直江香世子ホームページはこちら>



門田和峻さん「名前のない五体の神」
水曜日のクラシックなど、長い間お世話に成っている作曲家です。穏やかでお茶目な音楽でした。演奏会中も解説しましたが、曲中「5体の神」がふわっと出てきては、消えて・・・という音楽です。お客様より「楽しかった」とお声をいただきました。この曲は14日に発売したハンドメイドCDにも収録されています。

<門田和峻ホームページはこちら>


演奏会を終えて、自分の演奏の未熟さを痛感しています。これからもいい音楽を聴いていただくために、勉強が必要だなと思いました。

ご来場の皆様ありがとうございました。今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

五十嵐紅

このブログの人気の投稿

トランペットとクラシックギターという"変な編成"をやる意義

映画音楽について《映画の音楽》コンサート後記

《終演/あとがき》国分寺さわやかプラザ フルートとギター