今日は花の日。


(撮影:ricoh gr)

今日は花の日らしい。

演奏をすると花をいただく機会が多い。僕も僕の家族も花が好きだから、家にはいつも花がある。


実はちょっと前まで花の良さがあまりわからなかった。なんとなく「きれいなもの」という存在だった。ほんとうに花が好きになったのは写真を撮り始めたからのような気がする。


写真をはじめたのは大学卒業後、今も愛用しているRICOH GRを買ってから。最初は花ばっかり撮ってた。動かないし、待ち合わせもいらないし、どこにでもあるからという理由で。


撮影を続けていると、「どの花の写真も同じに見える・・・」という壁にぶつかった。でもほかに撮るものがなかったからそのまま花を撮り続けた。トリミングや色調補正、構図。「余計なこと」を考えながら花を撮り続けたけど、次第に花の色んな顔が見えてくる。


ほんの数日前に撮った花が、今日撮ると花びらの端がすこし変色してる。しなびてる。生き物だから当たり前なんだけど、そんなこと気にとめていなかったから新鮮だった。花ってすごいなと思うようになった。


それから花を観察すると面白かった。例えば、高級な花と手頃な花。同じ種類でも発色、花の状態、ハリがまったく違う。今まではそんなこと気が付かなかったけど、良い花は良い。(もちろん値段も)


そんな良い花でも日が経てば枯れる。食べられるわけでもない、一瞬のものをただ観て楽しむ。なんて贅沢なんだろう。花は「有限の美」をとても近くで感じることができる。気がついてから、今は花をいただけると前以上に嬉しい。もちろん団子も嬉しいけど。

そんなことを考えてたら、ふと2017年8月7日も二度と来ないなと思った。今日も楽しく充実させていこう。有限の花の日。

ちなみにバナナの日でもあるらしい。完熟バナナを叩いて冷蔵庫に入れるとバナナシャーベットができて美味しい。最後に団子の話もしてみた。


▶︎五十嵐紅-クラシックギター
東京音楽大学クラシックギター科卒業。第27回スペイン音楽ギターコンクール第2位、第29回ジュニアギターコンクール高校生の部1位、クラシカルギターコンクール、GLCギターコンクールなど様々なコンクールで入賞。東京音楽大学定期演奏会ソロ部門に出演。2013年日本ギター連盟主催「新進ギタリストの競演」など多くのコンサートに出演。クラシックギターを伊東福雄、江間常夫、荘村清志各氏に師事。スペイン歌曲伴奏法を服部洋一氏に師事。原宿での定期演奏会「水曜日のクラシック」主宰。50gt(five-o-gt)代表。HP:www.koh-guitar.com

演奏会情報
オーボエとギター
8/9(水) 19:00-20:00(18:30open)

出張演奏のご依頼もお待ちしております。

お問い合わせ
070-6432-4980

このブログの人気の投稿

トランペットとクラシックギターという"変な編成"をやる意義

映画音楽について《映画の音楽》コンサート後記

《終演/あとがき》国分寺さわやかプラザ フルートとギター