《終演》朝♪クラ@カラヤン広場



先日ご案内した、朝♪クラのコンサート終演いたしました。ご来場くださった皆様ありがとうございました。


会場は赤坂アークヒルズ、サントリーホール前のカラヤン広場と呼ばれるスペース。このカラヤン広場はサントリーホールの建築に携わっていた、大指揮者カラヤンを称えて命名されたとのことです。



ひさしぶりの野外での演奏でしたが、今日は風が強く、楽譜が飛ばされないように、クリップでとめていました。(それでも飛ばされましたが暗譜をしていた曲だったので助かりました) 雨が降らなかったのは幸いでした。 





本日の演奏会では、ソプラノ溝口あかねさんとの共演でした。学生以来のすごく久しぶりの共演でしたが、当時よりもお互いがほんの少し成長しているような気がして、共演できてとても楽しかったです。



彼女は普段は東京音大の博士課程に在籍中で、フランスの作曲家マスネを研究しています。ギターでフランス歌曲は編曲が難しく、まだ少ししか経験していないので、彼女にいろいろ教わりながらパートリーを広げて行きたいです。マスネとか弾ける曲あるのかな…。


朝♪クラ、スタッフの佐藤さんにも大変お世話になりました。穏やかで優しいので、いつもお会いすると安心します。



野外会場だったのでクラシックを普段聞かない方にも聴いてていただけました。敷居が高いと思われがちなクラシック音楽家にとってとても大切な機会をいただきました。これからもたくさんの方に音楽の魅力を伝えていきたいと改めて思いました。



森ビルの皆様、朝クラ様、企画に携わった皆様、ありがとうございました。



《本日の曲目》

1st
ヘンデル:私を泣かせてください
プッチーニ:私が街をあるけば
プッチーニ:私のお父さん
武満徹:小さな空
木下牧子:さびしいかしの木

2nd
ヘンデル:私を泣かせてください
プッチーニ:私が街をあるけば
日本のうた:夕焼け小焼け、紅葉、赤とんぼ
賛美歌:アメイジング・グレイス






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

《演奏会のお知らせ》

僕が主催する『水曜日のクラシックin原宿』。次回は1011日、ソプラノ中山美紀さんをゲストに演奏会を行います。このコンサートではヘンデル私を泣かせてくださいの原曲、カルメン・ハバネラの原曲をはじめ、普段なかなか聞けない名曲を、さらに僕がギター編曲することで、まさにこの2人でしか聞けない音楽をお届けします。バロック音楽から日本歌曲まで、1時間のコンサートです。

ホールはわずか50席の木のホール。ホールに響き渡る音に包まれて、贅沢な時間をお過ごしいただければと企画しております。チケットは以下のホームページにて購入いただけます。

特設ホームページ→www.koh-guitar.com/wed12







▶︎五十嵐紅-クラシックギター

東京音楽大学クラシックギター科卒業。第27回スペイン音楽ギターコンクール第2位、第29回ジュニアギターコンクール高校生の部1位、クラシカルギターコンクール、GLCギターコンクールなど様々なコンクールで入賞。東京音楽大学定期演奏会ソロ部門に出演。2013年日本ギター連盟主催「新進ギタリストの競演」など多くのコンサートに出演。クラシックギターを伊東福雄、江間常夫、荘村清志各氏に師事。スペイン歌曲伴奏法を服部洋一氏に師事。原宿での定期演奏会「水曜日のクラシック」主宰。50gt(five-o-gt)代表。HP:www.koh-guitar.com


▶︎演奏会情報

水曜日のクラシックin原宿
ソプラノとギター
10/11(水) 19:00-20:00(18:30open)
www.koh-guitar.com/wed

▶︎訪問演奏・コンサート演奏や伴奏のご依頼もお待ちしております。

お問い合わせ
070-6432-4980


▶︎SNSやってます!趣味の写真から、演奏動画、練習風景などを公開中です。フォローいただけたら嬉しいです。

このブログの人気の投稿

トランペットとクラシックギターという"変な編成"をやる意義

映画音楽について《映画の音楽》コンサート後記

《終演/あとがき》国分寺さわやかプラザ フルートとギター