壊れたMacBookの充電器が1万円もしたので足掻いた。




タイトルの通り、先ほどMacBookの充電器が壊れた。Macと言えば価格高いで有名だったりするが、ACアダプタ(充電器)の高さにはさすがに驚いた。10,000円もした。


高いMacをなんで使うのかよく聞かれたりする。いいパソコンは沢山ある。音楽業界には専用ソフトがMac対応だ、という理由でMacユーザーが多いが、僕は「見た目がイカす」というロボ好きの子供みたいな理由で使っている。銀色のボディに直感的でシンプルな操作画面、スティーブジョブスはやっぱり天才だと思う。


iPhoneの充電器は互換ケーブルを使えば百均でも買える。すぐ断線するけど、安いので常に3本くらい常備している。


そんな僕だから当然今回もネットで互換充電器を探してみた。

macbook pro アダプタ 互換」調べたらなんと2000円台からある。嬉しい。早速レビューを見た。




「火花が散りました」





ということで明日純正品を買います。明日までは事務作業できません。よろしくお願いします。

このブログの人気の投稿

トランペットとクラシックギターという"変な編成"をやる意義

映画音楽について《映画の音楽》コンサート後記

《終演/あとがき》国分寺さわやかプラザ フルートとギター